2014年11月03日

結果に焦点を当てる?結果を気にせず楽しむ?

「結果に焦点を当てる」
ということと
「結果を気にせず楽しむ」
ことは、一見矛盾しているように思われます。

「一体どうせぇっちゅうねん」
というツッコミが聞こえてきそうですね。

私は
結果が分かっているからこそ、結果を気にせず楽しめる
と考えております。

まず、望む結果を意識します。
そうすることで、「どのような経路かは分からないが、それは実現する」と思えるようになります。
これがミソです。ミソってなんだ?

で、
経路を限定しないからこそ、
今やっていることの結果を気にせず楽しめる…ということ。

例えば…
金持ちになる、という結果に焦点を当てたとします。
ここで経路(プロセス)を限定してしまうと
「何が何でもこれで成功しなきゃ…!!」と、
楽しむどころかそれがストレスになってしまいます。

一方、経路を限定しない場合は
「べつにこれが唯一の手段じゃないし、結果はどうでもいいや」
という感じで「行動そのものを楽しむ」ことが出来るようになります。

この違いは結構重要かな、と思っています。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 08:00 | 良い気分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。