2015年01月21日

ネガティブなものを見てしまったら?

ネガティブなことを言わないでおこう、
ネガティブなものを見ないでおこう、と決めた後に
ネットやテレビを見てネガティブなものに遭遇したり、
友人との会話でネガティブなものを聞いてしまった時はどうすればいいのでしょうか?

まず、知ってもらいたいのが
ネガティブは吸引力をもっている」こと。
例えば、芸能人のゴシップや、誰かの悪い噂などは
人の興味をそそりやすいものです。
その特性を知っていると、
必要以上に関心をむけずに済みます。

そして、ネガティブなものに意識を「長時間」そそがないことが大事です。
ちょっとくらいのネガティブであれば、「あっ、これはいらんな」と思って
また意識を望むことに戻せるのですが
1時間、2時間と見続ければ
次の日までネガティブを持ち越してしまう可能性があります(体験談)!

なので、もとからそういった情報は見ないようにすること
もし見てしまっても、浸らないことが大切だと思います。
タグ:やめる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 06:00 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。