2015年01月21日

ネガティブなものを見てしまったら?

ネガティブなことを言わないでおこう、
ネガティブなものを見ないでおこう、と決めた後に
ネットやテレビを見てネガティブなものに遭遇したり、
友人との会話でネガティブなものを聞いてしまった時はどうすればいいのでしょうか?

まず、知ってもらいたいのが
ネガティブは吸引力をもっている」こと。
例えば、芸能人のゴシップや、誰かの悪い噂などは
人の興味をそそりやすいものです。
その特性を知っていると、
必要以上に関心をむけずに済みます。

そして、ネガティブなものに意識を「長時間」そそがないことが大事です。
ちょっとくらいのネガティブであれば、「あっ、これはいらんな」と思って
また意識を望むことに戻せるのですが
1時間、2時間と見続ければ
次の日までネガティブを持ち越してしまう可能性があります(体験談)!

なので、もとからそういった情報は見ないようにすること
もし見てしまっても、浸らないことが大切だと思います。
タグ:やめる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 06:00 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

引き寄せを信じられなくなるのは「やっていないから」

引き寄せを知った人の向かう先のパターンは、次に挙げる3つだと思います。

1.引き寄せ実践者
2.引き寄せ信者(実は実践してない!)
3.引き寄せ反対者

まず、引き寄せを知っていながらも実践せずに
ただ目の前の現実を眺めていたり、惰性のネガティブに浸っていたりすると
だんだん引き寄せが信じられなくなってきます。
それは、結果が出ていないからなのです。

引き寄せを知って、実践して(感情をコントロールして)いくと
わりと早く結果が出るので、「本当に存在するんだ!」と信じられるようになります。

実は2番目の「信者」というのは、理論を知りつつも毎日の生活において実行しないので
3番目の反対者に移行しやすいのです。

実は、私は以前「引き寄せ信者=理論漬けになってるけど、本当は実践してない」でした。

実践しないでいると、だんだんと
「これはどうすればいいんだっけ?」「本当に願いは叶うのか?」と思うようになって、
疑っていると結果も当然出ないから「あかん!」「叶わないじゃないか!」と感じてしまうのです。

理論にとらわれて「信じる」「信じない」と行ったり来たりすると
結局実践していないことになるので、
とりあえずやってみっか!
という気持ちで飛び込めばいいのではないか、と思っています。
そうすることで結果もちゃんと出ますし、結果が出るともっとカンタンに引き寄せができるようになります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 00:07 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

ネガティブなイメージが浮かんだら「置き換え」する。

ブログランキングのバナー、面倒でつけていなかったのを
つけなおしました(どんだけ面倒くさがりなんだ…)。

それはさておき、
「ネガティブな考え・イメージが浮かんだ時にどうすればいいか?」
について書いておきます。

「ゾウのことについては考えないぞう!」と思っても
頭の中にゾウさんは登場してしまいます。
「ゾウ消えろ、ゾウ!」と思っても
より鮮明になるだけなので
じゃあ「キリン」に置き換えてみよう、と思えばいいのです。
キリンキリン…と、イメージを上書きすればOKです。

何か望まないことが思い浮かんだ時、
消そうとすればするほど
浮かび上がってくるので、
何か別のものに置き換えましょう。

たとえばイヤなことを思い出したり
将来に不安を感じた時は、
何でもいいので「好きなもの」「ニュートラルなもの」で上書きしましょう。
上書きのイメージは特にポジティブである必要はないので
「えだまめ」とか「餅」とかでも良いですね。

☆ヤバいイメージを好きなもの、または特に意味をもたないものに変換する。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 06:22 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

親しい仲ほど、「愚痴」に気をつける

願望実現の本に
「ネガティブなことを言わない」
「愚痴を言わない」
よくこんなことが書かれていますよね。

すると、たいていの人は
「そんなもん出来るに決まってるじゃん!朝飯前だぜ」
と思います。

しかし…
他人の前ではネガティブな発言をしなくても、
家族や恋人の前だと
「まぁ愚痴を言ってもいいでしょ」
と、自分でルールを緩めてしまうことがよくあります。
ルールを緩めた結果、感情が爆発して余計なことまで言ってしまい
自分も相手も傷つく…という結果になってしまいます。

例)
本:「お金持ちになるために、実際にお金持ちであるかのようにふるまいましょう」
あなた:「よっしゃ!わかったぜ!!俺は金持ちだ!!」
あなたの妻:「ねぇ、お金はちゃんとあるの?」
あなた:「うぬぁああー!!うっせぇー!!ないっつってんだろ!!」

心理的な距離が近い人ほど「意図を確認してから話す」ことが重要になってきます。
大切な人と全てを共有したい、と思うのは当然です。
でも、親しいからといって何も考えずにしゃべってしまうと、
ネガティブを相手に投げつけてしまうおそれがあります…。

「距離をとる」と表現すると冷たく聞こえますが、
自分も相手も気分良くいられるように、お互いプラスの影響を与えあえるようにするには
一呼吸置いてから話すのが一番かな、と思っています。
親に対しても、子供に対しても、恋人に対しても
まったく知らない人に対しても「思いやり」ができる人間になれたら最高ですよね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 15:59 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

メソッドの独り歩き(引き寄せあるある)

引き寄せを実践しはじめた人や
途中でうわーっ!となってしまう人は

「どんなメソッドを実践すればいいのか」
「メソッドをどのようにすればいいのか」
ということに囚われて、
訳が分からなくなってしまう…
という罠に陥っているかもしれません。

ここで、基本に立ち戻って
何故、メソッドをするのか?ということを考えてみましょう。

良い気分になって、引き寄せの作用点を上げるためですよね。
なので、「メソッドに執着するより、良い気分でいることが大切
だということを忘れなければ、罠に引っ掛からずに上手く生きることが出来ます。

本質を忘れて色々なメソッドに走るより、
感情を大切にしましょう!
(気分が良くなるなら、メソッドはめっちゃ効果的ですけどね)
タグ:引き寄せ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
posted by neko at 08:37 | 実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。